「Chez Mimosa シェ ミモザ」 タッセル専門店 パッサマネリア フェルメール(京都市 北山駅) の商品情報や、京都&タッセルのお話

~Tassel&Fringe&Soft furnishingのある暮らし~ フランスやイタリアのタッセル・フリンジ・ファブリック・小家具などのソフトファニッシングで、暮らしを彩りましょう

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クッションカバー

タッセル専門店 パッサマネリア フェルメールのHP
「クッションカバー」のページの価格欄に
「S,A,Bは裏を別布にすることができます」と書いてありますね。
インテリアに詳しい方ならおわかりいただけるでしょうが
私は最初、この意味がわかりませんでしたので
こちらで、少し説明させていただきます。
クッション HPページ画像

私が始めてフェルメールさんにオーダーしたクッションカバーは
プリマヴェーラ(S14)とダマスク生地(D03)でした。
そのとき「プリマヴェーラ(S14)の方は、裏生地を違う布にしておきますね」
と言われたのです。
私は「クッションカバーって、表裏同じ生地を使うんじゃないの?」
という考えしか持ち合わせていなかったのですが
フェルメールさんに全ておまかせし
出来上がったのが、↓こちらのクッションです。
プリマヴェーラ クッション

裏生地=ソファー側になる方のファブリックをシンプルな生地にすることで
表生地=貴重な生地を有効的に使用することが出来ますし
リーズナブルな仕上がりにもなりますので
この仕立て方、私は大変気に入っています。

ダマスク生地(D03)のクッションは、表裏共生地で作っていただきました。
ダマスク クッション

その後、パッサマネリア フェルメールにて購入した
クッションカバー(現在、sold out)です。
こちらは裏生地にダマスク(D15)が使用されていますね。
ちらっと見えるグリーン色がお部屋のアクセントにもなり
大変気に入っています。
S02 クッション

このエントリー記事の一番上の画像にある
シモネッタ(S03)のクッションカバーの裏生地には
(D20)が使ってあると書いてありますが
この色あわせは、↓画像の左上になります。
シモネッタ 色あわせ

せっかくですので、いろいろな生地と組み合わせて見ましたが、いかがでしょう。
どの組み合わせがお好きですか?

どうぞ、パッサマネリア フェルメールのショールームへお越しいただき
いろいろなファブリックの組み合わせを試してみて
素敵なインテリアアクセサリーをオーダーしてください。
*****************************************
価格・在庫状況は、フェルメールにお問い合わせください。
価格は、予告無く変更になる場合がございます。
商品は、SOLD OUTになっている場合もございます。
商品によりまして
ご覧いただいている写真と生地の柄の出方が異なる場合がございます。
あらかじめご了承下さいませ。
*****************************************
タッセル専門店 パッサマネリア フェルメール
タッセルやファブリックを使ったオリジナルインテリア用品を販売しています。
ファブリック、パッサマネリアを選んでオーダーも可能です。
ソフトファニシングレッスンも行っています。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

住所:京都市左京区下鴨前萩町25-1
TEL&FAX: 075-707-2311
メールアドレス:info@passamaneria-vermeer.com
(メールでのお問い合わせは、お返事に数日のお時間を頂戴いたします。お急ぎの場合は、お電話にてお願いいたします)
不定休がありますので、お問い合わせください
京都市地下鉄北山駅 一番出口を南へ3筋目入ル南側(YAHOO!地図)

フェルメールへの行き方を、写真でご紹介します

関連記事

| インテリアアクセサリー | 22:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。